preventive

全身の健康を保ち、大切な歯をいつまでも使うために

健康的な毎日を過ごすためには、口腔内環境を清潔に保つことがとても大切です。虫歯や歯周病は、治療後も歯や顎の骨にダメージを残してしまう可能性が高い病気。当クリニックでは、これらを予防するための処置にも力を入れています。

実は虫歯や歯周病などによって、40歳、50歳、60歳という若さで歯を失ってしまう方もいらっしゃるいます。生涯にわたって自分の歯で食べたり話せたりできるよう、日ごろからのケアでトラブルを未然に防ぎましょう。

お口のメインテナンスで得られるメリット

早期発見
早期治療ができる

虫歯や歯周病は、気付いたときには重症化していることが多い病気。そのため、定期的にチェックをして早期に発見することが大切です。

治療の負担を
減らすことができる

早期に病気を発見することで、病気が小さいうちに治療することができます。結果的に、費用や治療の負担を軽減することができるのです。

年齢が進んで
もたくさん歯を残せる

病気が軽度のうちに治療ができると、歯を削る範囲などが少なくなるため、結果的に天然の歯を残すことに繋がります。

当クリニックのメインテナンスの特徴

POIC(ポイック)ウォーターの使用

当クリニックでは、患者様にPOICウォーター(タンパク質分解型除菌水)で洗口していただいてから治療を始めます。除菌水によって予め口腔内を除菌しておくと汚れを分解され、効率的に治療を進めることができます。治療中もPOICウォーターを使用しますので、痛みや腫れが残りにくく、感染の心配も少なくなります。当クリニックにはPOICホームケアアドバイザーが常駐しているので、不安や疑問があればお気軽にご相談ください。

ご自宅用のPOICウォーター

ご自宅でもPOICウォーターをうがいやすすぎにご使用いただくことで、通常では落ちにくいタンパク質の汚れを分解・除菌することができます。加えてPOICウォーター使用後に歯磨きをすると歯周病や虫歯へ高い予防効果を期待できます。

オーラループ塗布

POICウォーターで口腔内を除菌した後は、オーラループというジェルを塗布します。殺菌・抗菌作用があるため、院内の飛沫感染防止につながり、患者様に安全な治療をおこなうことができるのです。
オーラループ塗布にはご自分の歯ブラシをお使いいただきますので、ご来院の際にご持参ください。また、ご自宅で使用することで継続的な歯周病・虫歯予防に効果があります。

オーラループとは

オーラループには飽和ポリリン酸を含むジェルで、塗布することでリン酸カルシウムとなって歯の微細な凸凹をコーティングし、虫歯になりにくい歯にし、口腔環境を整えてくれます。

当院が提供している予防処置

ブラッシング指導

毎日時間をかけてみがいていても、正しいみがき方ができていないばかりに、汚れが蓄積してしまい虫歯や歯周病になってしまう方がいます。当院ではまず、チェックツールを使い、患者様の歯の磨き残しの度合いをチェックし、磨き方を指導いたしますので、ご自分のお口の状態に合ったみがき方を身に付け、効果的にお口のトラブルを防ぎましょう。

PMTC

PMTCとは、歯科衛生士などのプロが専用の機械を用いて行う、歯のクリーニングのことです。歯の表面に蓄積したプラーク(歯垢)やそれが石灰化した歯石を取りのぞくことで、虫歯や歯周病を予防します。
PMTCは基本は保険診療で行いますが、希望すれば自費の診療メニューも追加できます。

歯に付着した汚れをリセット

ご自宅での歯みがきには限界があります。固く付着した歯石やネバネバと頑固なバイオフィルムは、普段のブラッシングだけでは落としきることができません。歯科衛生士によるプロのクリーニングとして、専門の器具や機械を使い、しっかりと取り除くことで虫歯や歯周病の予防はもちろん、口臭改善にも効果があります。定期的にPMTCを受け、キレイな口内環境を維持しましょう。

EPIOS(エピオス)エコシステム

当院では院内に流れる水にEPIOS(エピオス)エコシステムを導入しています。
このEPIOSエコシステムで生成された除菌水により、

①除菌水がユニット内を循環することで、ユニット内の細菌数が0になります
(1年に1回の検査によって、細菌数0を確認)
②連続除菌しながらの治療となるため、飛沫感染のリスクが軽減されます
③治療後の予後が良好になることが期待されます

3ヶ月に1回のメインテナンスを

当院では定期的な歯のメインテナンスをおすすめしています。
歯のメインテナンスは、持続的なバイオフィルムの破壊と除去を行って口腔内を健康な状態に維持させ、再発を防止することを目的としています。1度削ってしまった歯は元に戻すことはできません。
そのため定期的に異常がないかを確認し続けるためにも3ヶ月に1回の定期健診をおすすめしています。

また新型コロナウイルスの感染予防の観点からも免疫力は重要です。
歯と口の細菌や毒性物質は、循環器、呼吸器、消化器など、ほぼすべての臓器に慢性炎症を起こします。平時はそれが全身疾患や生活習慣病の危険因子になりますが、免疫のバランスを狂わせることになるため、新型コロナウイルスなどの感染症予防においても悪影響を及ぼす可能性があります。

ページトップへ戻る