pediatric-dentistry

小児期からしっかり予防を

乳歯や生えたばかりの永久歯は、大人の歯に比べると、デリケートな存在です。そのため一度虫歯になってしまうとすぐに進行してしまいます。また、乳歯の虫歯は永久歯に感染することがあるため、注意が必要です。
虫歯によってよく咬めなくなると、成長期に大切な栄養の吸収を妨げてしまい、歯を失ってしまうと、将来咬み合わせが乱れてしまう可能性が高まります。
お子様が健やかに成長できるよう、“お口の健康”をプレゼントしてあげましょう。

保護者の方に知っていてほしいこと

小さなお子様は自分でしっかりとしたお口のケアができないので、その歯を守ってあげるのは親御様の大切な役割です。赤ちゃんのお口には虫歯の菌はいませんが、周囲の大人とのふれ合いによって、赤ちゃんは虫歯菌に感染してしまうことがあります。
そこで予防の一環として気を付けていただきたいのが、虫歯菌が移る可能性のある以下のような行動です。

    • 口移しで食事を食べさせる
    • 大人と同じ箸を使って食事を食べさせる
    • 大人と同じストローやコップを使う
    • お口にキスをしたりする

小児期の虫歯予防

当クリニックではお子様の歯を虫歯から守るために、次のような予防メニューをご用意しています。

ブラッシング指導・フロス指導

年齢や発達の段階、歯並びなど一人ひとりに合わせ、効果的な磨き方を指導します。また、歯と歯の間にも虫歯が発生しやすいため、フロス(歯間ブラシ)の使い方の指導も行っています。

フッ素塗布

お子様の虫歯予防にフッ素塗布を行っています。また、ご家庭用フッ素洗口液、フッ素入りの歯磨き粉などもお勧めしています。

シーラント処置

「シーラント」は、奥歯の深い溝をレジン(歯科用プラスチック)であらかじめふさぐ処置のことです。食べカスが入りにくくなので、虫歯の予防につながります。

定期検査(3ヵ月毎)

歯医者は歯が痛くなったら行くのではなく、痛くなる前に早期治療、予防にあたりましょう。そのために3ヵ月に一度の定期的な検査を受けることが重要です。

こんな食事のとり方をしていませんか?

通常お口の中は「中性」なのですが、飲食をすると「酸性」に傾き、歯質を溶かす「脱灰」が起こります。本来の口腔機能は徐々に中性に戻り、溶けだした歯を再石灰化しようとします。しかし、悪い食事の習慣を持っていると「酸性」の状態が続き、結果、虫歯は進行しやすくなってしまいます。
以下のような食事の習慣がある場合はお気を付けください。

    • 食事や間食の回数や量が多い
    • 食事や間食のタイミング不規則
    • 甘いものを一日中飲んでしまう
    • ゆっくりとだらだらと食べてしまう
    • 飴などの口に残りやすいものを食べるのが好き

MFT(口腔筋機能療法)

歯並びは生まれつきだけでなく、舌の癖や表情筋により変化します。MFTとは舌やお口まわりの筋肉を整えるように行う訓練のことで、舌の動きやお口まわりの筋肉バランスを整えることで、正しい歯並びに誘導していきます。具体的には

  • お口まわりの筋肉を整える訓練
  • 嚥下(飲み込むこと)や咀嚼(噛むこと)の訓練
  • 舌や唇の位置を正しく保つ訓練

を行っていきます。
食べ方や発音の改善にもつながり、口がぽかんと開いてしまう癖があるお子様はドライマウスにもなりやすいので、その抑制にも効果的です。

ページトップへ戻る