orthodontic

整った歯並びで健やかな毎日を

歯並びや咬み合わせに問題がある方は、虫歯や歯周病といったトラブルを招きやすいことをご存知でしょうか?
歯が重なって生えていたりすき間があったりするため、ブラッシングがいきとどきにくく、お口の衛生環境が悪化しやすいためです。さらに、発音や咀嚼(そしゃく)がしにくくなったり、咬み合わせが乱れて全身にさまざまなトラブルが起こってしまうケースもあります。

こんな歯並びでお悩みではありませんか?

上顎前突

俗に言う「出っ歯」を指し、上の前歯が前方に飛び出している状態です。

反対咬合

「受け口」とも言い、下の歯が上の歯より前に出ている症状を指します。

開咬

前歯が下の歯にくっ付かなく、お口を閉じても前が開いてしまいます。

空隙歯列

「すきっ歯」のことで、歯と歯の間が極端に空いている状態です。

叢生(そうせい)

「乱ぐい歯」「八重歯」とも言い、歯が凸凹にずれている状態です。

正中離開

歯列の中央(正中)歯の間に大きな隙間がある状態です。

歯並びの矯正のメリット

    上記のような歯並びの乱れ、そこから生まれるお悩みも歯列矯正受けることで、解消することができます。

  • 見た目の改善
  • 食べ物が噛みやすくなる
  • ブラッシングしやすくなる
  • 笑顔に自信が持てる
  • 発声、発音がクリアになる
  • 噛み合わせが原因の症状が改善する

当クリニックの矯正歯科

矯正の無料相談

矯正治療に入る前の無料相談を行っております。※ご相談をご希望の方にはまず、お口全体の検診(歯ぐきの状態。虫歯の有無の確認や、歯のクリーニング)を行わせていただいております。
また、他院で検診を受け、矯正の相談のみのご予約も受け付けております。

専門の歯科医師が対応

当院では矯正歯科治療に関しては、歯列矯正を専門とする歯科医師が治療にあたります。
そのため難症例の治療にも対応ができ、より幅広い矯正器具・症例に対応ができ、高度な歯列矯正も可能になります。

定期的なメインテナンス

矯正治療中、また治療後も定期的なお口のメインテナンスをおすすめしております。
とくに矯正治療中は、矯正方法によって歯磨きが行き届かなかったりしますのでチェックが必要です。
治療後は後戻りしていないかなどの確認も行います。

成人矯正

自分の歯並びにコンプレックスを持っている方は少なくありません。実は大人になってから「矯正治療を受けたい」という方は増えてきています。
大人の場合、永久歯が生えそろっており、顎の成長も止まっているため、成長過程による影響がほとんどありません。したがって、治療計画が立てやすく、治療開始から完了までのスケジュールがイメージしやすいというメリットがあります。

成人矯正でおもに使用する矯正方法

マウスピース型矯正(インビザライン)

取り外しのできる目立たない透明なマウスピース形状の矯正装置です。
定期的に作り替えながらゆっくり歯を動かしていきます。

メリット


  • 取り外しができ、目立ちにくい
  • 希望があれば、ホワイトニングを一緒に行うことが可能(別途費用が必要)

デメリット


  • 費用が他の装置よりも高額
  • 一定の時間の装着が必要

ラビアルブラケット

ワイヤーを使った一般的な矯正装置です。
幅広い症例に対応できるので、症例数が多いため安心です。

メリット

  • 幅広い症例に対応でき、微調整がしやすい
  • かみ合わせの調整に長けている
  • 費用が比較的抑えやすい

デメリット

  • 矯正装置が目につきやすいため、審美性にやや欠けます

リンガルブラケット

歯の裏側(舌側=リンガル)に矯正装置を装着し、ワイヤーを通して歯を理想の位置に動かす矯正装置です。表面の装置が見えにくいため、審美性が高い治療です。

メリット


  • 矯正治療をしていることに気づかれにくい

デメリット


  • 費用が多少高額
  • 慣れるまで発音がしにくいことがある

部分矯正

歯列全体ではなく、問題のある数本の歯だけを動かす矯正方法です。

メリット


  • 動かす歯の本数が少ないため通常の矯正よりも治療期間が短め

デメリット


  • 歯並びの状態によっては、部分矯正ができないこともあります
    (詳しくはご相談ください)

補綴前矯正

当院では、補綴治療(歯の詰め物、被せ物)を行う前の歯並びを整える矯正も行っています。
詳しくは治療開始前にスタッフまでご確認ください。

小児矯正

乳歯だけのときから、乳歯と永久歯が混在する時期に行う矯正治療です。顎の成長を利用して、上下の顎の健やかな成長を促しバランスを整えて、さらに必要に応じて顎を拡げて将来的に歯がきれいに並ぶスペースを確保します。

「学校の検診で歯並びを指摘された」
「子供の歯並びが気になる」

このような方は、まずはお気軽にご相談ください。

小児矯正でおもに使用する矯正方法

床矯正

取り外し可能な矯正装置で、顎の骨を自然に拡げて、歯並びを整える矯正方法です。
床矯正装置は、プレートと呼ばれる本体にスクリューやスプリングがついた構造になっています。

メリット


  • 顎の成長を利用して矯正治療ができる
  • 食事などの際にははずして利用できる

デメリット


  • お子様が矯正時間中に取り外してしまうことがある
  • 装着時若干の痛みを感じる場合がある

プレオルソ・マルチファミリー

マウスピース型の矯正装置で、骨が柔らかい小児の時期に装着することにより、効果を発揮しやすい矯正方法です。矯正装置が見えにくく、活発なお子さんでも安心の装置です。

メリット


  • 装着時の痛みがほとんど感じられない
  • 食事などの際にははずして利用できる

デメリット


  • お子様でも容易に取り外しができてしまう
  • 決まった時間内装着しないと効果が出にくい

費用と注意点

受診前の注意点

  • 自費治療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。
  • 矯正器具の装着時に、患者様が食事、会話、見た目などに違和感を覚える場合があります。
  • 矯正器具の装着時に、歯が磨きにくくなるので、より入念なブラッシングが必要になります。
  • 矯正器具によっては口を動かした際、歯肉が傷つくことがあり、炎症を引き起こす場合があります。
  • ご自身で着脱できる矯正器具の場合は、成果を得るために、装着時間を守る必要があります。
  • 小児矯正の場合は、顎の骨が成長を終える15歳前後までの経過観察を必要とするため、治療期間が長くなることがあります。
  • 矯正治療終了後、しっかり保定しないと後戻りをする場合があります。

矯正料金表

※税込み表記になります

精密検査(診断・治療説明含む) ¥33,000
小児矯正 ¥110,000~330,000+調整料
成人矯正 ¥715,000~1,100,000+調整料

ページトップへ戻る