lost

入れ歯、インプラントなどご自身に合ったものを

高齢になり、歯や顎の機能が弱まったり、歯の病気が長期にわたり影響すると、歯を失う可能性が出てきます。
そんな方々へ、自分に合った入れ歯やインプラントなどの人工の歯を入れることで、「第二の歯」としてしっかり機能させていくことが可能です。考えや予算、付け心地などご自身に合ったものを選んでいただけるようしっかりご提案いたします。

歯を失った際の治療の種類

入れ歯(義歯)

型どりをして作られた「床」という土台に人工歯を載せた補綴器具です。歯全体を支える「総入れ歯」と部分的な欠損を補強する「部分入れ歯」の二つが存在します。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って支えにし、橋(ブリッジ)のように製作した被せ物を入れる方法です。支えにする両隣の歯は健康であっても削る必要があります。

インプラント

欠損した歯の骨の部分に人工的な歯根(インプラント)を入れて、その上に人工歯を載せていきます。安定性が高く、人工歯の種類により審美性も高くなります。

入れ歯(義歯)

入れ歯の特長

失ってしまった歯を補うための入れ歯は、一般的な欠損治療です。
多くの方が利用していますが、ご自身の口に合っていないものを使用してしまっている人は少なくありません。人間の口は、歳を重ねるとともに変化しています。
作った時にはぴったりだった入れ歯も、徐々に噛みにくくなったり、外れやすくなったりしてきます。
いつまでも美味しく食事をするためには、入れ歯のメンテナンスが必要です。お口の変化に合わせて調整し、ケアすることが重要なのです。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

健康保険が適用される入れ歯には、素材や構造などさまざまな面で制約があります。自費の入れ歯であれば制約がないので、快適で自然な見た目の入れ歯が実現できます。

名称 保険適用の入れ歯 自費の入れ歯
素材

レジン(歯科用プラスチック)のみ

制限なし

構造 制限あり 制限なし
治療費 保険が適用されるため、安価 保険が適用されないため、高額
製作期間 短期間 長期間
見た目 不自然になるケースがある 天然歯に近い見た目が得られるものもつくれる
咬み心地 硬いものが咬みにくい 硬いものでも咬みやすい

入れ歯のメリットデメリット

メリット

  • 健康保険が適用されるタイプは治療費が安く、経済的負担が少ない
  • 周囲の健康な歯を削らなくてよい
  • 治療期間が短期間で済む
  • 自費の入れ歯なら咬み心地や見た目にこだわることもできる

デメリット

  • 保険の入れ歯は見た目が不自然になりやすく、違和感を覚えやすい
  • 発音しにくくなることがある
  • 硬いものが食べにくくなる
  • 着脱式なのでずれやすく、食べものが詰まると痛みを感じる
  • 咬む力が伝わらないため、顎の骨が痩せやすい

インプラント

自分の歯のような咬み心地を~インプラント~

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨(歯槽骨)に外科手術でインプラント体(人工歯根)を埋め込み、それを支えにしてセラミック製の人工歯を被せる治療法です。インプラントが骨としっかり結合することで、天然歯とほぼかわりない、自然な見た目や咬み心地が手に入ります。
適切なメインテナンスを続ければ、長年にわたってインプラントを維持することも可能です。しっかりと咬める幸せを、インプラントで取り戻しましょう。

外科処置がご心配な患者様向けに、ご希望の方には静脈内鎮静法をおすすめしております。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

※インプラント担当医が治療にあたります。

歯科用CTを使用した綿密な検査と計画

従来のレントゲンでは、歯や骨格の状態を2次元でしか確認することができませんでしたが、歯科用CTでは3次元的にデータが構築されるため、より正確かつ高精度に検査することができます。
インプラント治療時にはシミュレーションソフトを使い、治療前と治療後をより分かりやすく見ることができるので、治療完了後がイメージしやすいのが特徴です。また、経過観測も定期的に撮影し、歯や骨格の状態に異常がないかを詳しく確認することもできます。

インプラントのメリットデメリット

メリット

  • 人工歯根によりしっかりと噛めるようになる
  • 周囲の歯を削る必要がほとんどない
  • 咬み合わせが安定する
  • 噛む力の衰えを防ぐ

デメリット

  • 外科手術が必要になるため、患者様に体力的な負担がかかります
  • 段階的に治療を進めていくため、治療期間が長くなります
  • 術後に痛み・腫れ・出血・合併症を伴う可能性があります
  • 術後も定期的なメンテナンスをしないと、機能が落ちやすくなります

ページトップへ戻る