general

早めの治療で負担をできるだけ少なく

一般歯科は多くの方が身近な、虫歯や歯周病を中心とする診療科目です。
虫歯も歯周病も、進行すればするほど治療が難しくなり、治療時の痛みが増し、治療の回数も増えてしまいます。こうした負担を抑えるためには、できるだけ早期の治療を受けることが重要です。
「もしかしたら」と思ったときには横須賀市の歯医者「岩戸歯科クリニック」へお早めにご相談ください。

虫歯治療

虫歯の処置はできるだけ早く始めましょう

虫歯は、誰もが発症し得る歯の疾患です。
自覚症状が出る頃には症状が進んでいることが多く、重症化すると痛みだけでなく、最悪、歯を失う可能性があります。少しでも歯に異常や違和感を覚えたら、お早目に歯科医院に来院し、診察をお受けください。虫歯治療は早期発見、早期治療が有効です。
そうすることにより、身体的にも経済的にも負担が軽くなります。

虫歯の進行

  • CO

    ごく初期の虫歯

    症状

    歯の表面に白く濁って見える部分があったりしますが、痛みなどの自覚症状は、この段階だとほとんど出ません。

    対処法

      • 毎日のセルフケア
      • 3ヶ月1度の定期検診
  • C1

    エナメル質の虫歯

    症状

    黒い穴のように見え、舌で触れてみるとザラザラとした感触があります。たまに冷たいものがしみることがあります。

    対処法

      • 虫歯に冒された部分を削る
      • レジン(歯科用プラスチック)を詰める
  • C2

    象牙質の虫歯

    症状

    象牙質まで達すると、前よりも冷たい物がしみるようになり、何もしていないときに歯の痛みを感じることもあります。

    対処法

      • 虫歯に冒された部分を削る
      • 治療後の歯にインレーを詰める
  • C3

    神経に達した虫歯

    症状

    歯の神経まで達したため、より過敏になり、熱いものもしみるようになります。何もしていなくても、ズキズキとした激しい痛みに襲われることもあります。

    対処法

      • 虫歯に冒された部分を削る
      • 歯の根への根管治療
      • 治療後の歯をクラウン(被せ物)でおおう
  • C4

    歯根に達した虫歯

    症状

    歯の神経が死んでしまっているため、基本的に痛みはありませんが、放っておくと歯根の先に膿が溜まり再び激しく痛みだします。

    対処法

      • 必要に応じ抜歯処置
      • 部分入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの歯を補う治療

歯周病治療

歯周病と全身疾患

日本人が歯を失う原因としてもっとも多いのは、実は歯周病です。歯ぐきの病気だと思われている方も多いのですが、歯を支える骨や歯周組織を破壊する危険な病気です。歯周病の原因菌は血管から全身へ回ることで様々な悪影響を起こすとされ、注意が必要です。

心筋梗塞
脳梗塞
糖尿病
狭心症
肺炎(誤嚥性肺炎)
早産
低体重児出産
骨粗しょう症
認知症

歯周病の進行

  • Step1

    健康な歯

    症状

    歯周病にかかる前なので、特に痛みもありません。引き続きオーラルケアを続けましょう。

    対処法

      • 毎日のセルフケア
      • 定期検診
  • Step2

    歯肉炎

    症状

    歯ぐきが赤く腫れ、たまにブラッシングすると歯ブラシに血が付くことがある程度で、まだ痛みはありません。

    対処法

      • 毎日のセルフケア
      • 定期検診
  • Step3

    軽度歯周炎

    症状

    歯ぐきの腫れがひどくなり、歯槽骨が溶けはじめます。歯ブラシなどで触れると歯ぐきがと歯の隙間(歯周ポケット)が深くなっていることに気づきます。まだそれほど痛みはありません。

    対処法

      • 毎日のセルフケア
      • 歯科医院にて、プラークや歯石の除去
  • Step4

    中等度歯周炎

    説明

    歯を磨いたときの隙間や出血が増えたり、口臭がきつくなったりします。歯を支える骨が溶かされているので歯がグラつき、硬いものが噛むときに痛みを感じるようになります。

    対処法

      • 毎日のセルフケア
      • 歯科医院にて、プラークや歯石の除去
      • 歯ぐきより下の歯石をとるための外科処置
  • Step5

    重度歯周炎

    症状

    歯を支えている骨が溶け、ぐらつきがひどくなり、痛みがひどくなっていきます。さらに口臭がきつくなったと感じるようになります。

    対処法

      • 歯科医院にて、プラークや歯石の除去
      • 歯ぐきより下の歯石をとるための外科処置
      • 失った歯槽骨を回復させる再生療法

歯周病予防のカギは「プラークコントロール」

歯周病の予防には、原因となる細菌が大ひそむプラーク(歯垢)を取りのぞく「プラークコントロール」が何より大切。
毎日のセルフケアで落としきれない歯垢や汚れは歯科医院での定期的な検診や歯のクリーニングと合わせ、予防を心がけましょう。
このような歯のメインテナンスについて以下のページでご紹介します。

ページトップへ戻る