general

早めの治療で負担をできるだけ少なく

「冷たいものを食べると歯がしみる」「食事中に歯が痛むことがある」といった症状がある方は、虫歯にかかっているかもしれません。虫歯は細菌による感染症で、放っておくと症状は進む一方で、最終的には抜歯が必要になるケースもあります。

進行すればするほど治療が難しくなり、治療時の痛みが増し、治療の回数も増えて費用もかかってしまいます。こうした負担を抑えるためには、できるだけ早めに診察や治療を受けることが重要です。「もしかしたら」と思ったときには横須賀市の歯医者「岩戸歯科クリニック」へお早めにご相談ください。

虫歯治療

虫歯の処置はできるだけ早く始めましょう

虫歯は、誰もが発症し得る歯の疾患です。
自覚症状が出る頃には症状が進んでいることが多く、重症化すると痛みだけでなく、最悪、歯を失う可能性があります。少しでも歯に異常や違和感を覚えたら、お早目に歯科医院に来院し、診察をお受けください。虫歯治療は早期発見、早期治療が有効です。
そうすることにより、身体的にも経済的にも負担が軽くなります。

虫歯の進行

  • CO

    ごく初期の虫歯

    症状

    歯の表面に白く濁って見える部分があったりしますが、痛みなどの自覚症状は、この段階だとほとんど出ません。

    対処法

    毎日のセルフケアを続けていただき、3ヶ月1度は歯科医院で定期的に検診をお受けください。

  • C1

    エナメル質の虫歯

    症状

    黒い穴のように見え、舌で触れてみるとザラザラとした感触があります。たまに冷たいものがしみることがあります。

    対処法

    虫歯に冒された部分を削り取ります。その穴は、レジン(歯科用プラスチック)を詰めてふさぎます。

  • C2

    象牙質の虫歯

    症状

    象牙質まで達すると、前よりも冷たい物がしみるようになり、何もしていないときに歯の痛みを感じることもあります。

    対処法

    虫歯に冒された部分を削り取ります。その穴にはインレー(詰め物)を詰めます。

  • C3

    神経に達した虫歯

    症状

    歯の神経まで達したため、より過敏になり、熱いものもしみるようになります。何もしていなくても、ズキズキとした激しい痛みに襲われることもあります。

    対処法

    虫歯に侵された歯髄(歯の神経)を抜き取り、薬剤を詰めてふさぐ「根管治療」が必要です。治療後の歯はクラウン(被せ物)でおおいます。

  • C4

    歯根に達した虫歯

    症状

    歯の神経が死んでしまっているため、基本的に痛みはありませんが、放っておくと歯根の先に膿が溜まり再び激しく痛みだします。

    対処法

    抜歯になった場合には、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの歯を補う治療が必要です。

歯周病治療

歯周病と全身疾患

歯周病菌には血管内で血栓をつくりやすい性質があり、歯周病にかかることで心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などを引き起こすリスクを高めてしまいます。また、糖尿病との関連性も深く、相互に症状を悪化させることがわかっています。歯周病菌が食べものなどと一緒に肺に入り込むことで引き起こされる肺炎(誤嚥性肺炎)は、90歳以上の方の死亡原因「第2位」に挙げられるほど深刻な病気です。

心筋梗塞

歯周病の原因菌により動脈硬化を誘発させる可能性があります。

脳梗塞

脳の血管の一部に、歯のプラークが血管を通じて入り込み、詰まらせることで脳梗塞を引き起こします。

狭心症

心筋梗塞と同じく動脈硬化を誘発されると狭心症を引き起こす可能性があります。

糖尿病

歯周病より生み出された物質が、糖の代謝を妨げ、糖尿病の進行に影響すると言われています。

肺炎(誤嚥性肺炎)

高齢者に多く、食事の際に歯周病の原因菌も呑み込んでしまい、肺まで達した菌が炎症を引き起こすケースがあります。

早産

炎症物質が体内で、子宮の収縮を促してしまい、予定よりも早く出産してしまう場合があります。

低体重児出産

前述の早産により低体重児で産んでしまう可能性も上がりやすくなります。

骨粗しょう症

エストロゲンの欠乏により骨自体が脆くなり、歯周病の進行を早めると考えられています。

認知症

歯周病が認知症の原因と言われる特定のタンパク質(アミロイドβ)の蓄積を促すとされています。

歯周病の進行

  • Step1

    健康な歯

    症状

    歯周病にかかる前なので、特に痛みもありません。引き続きオーラルケアを続けましょう。

    対処法

    毎日のセルフケアと定期的な健診を受けていただくことおすすめします。

  • Step2

    歯肉炎

    症状

    歯ぐきが赤く腫れ、たまにブラッシングすると歯ブラシに血が付くことがある程度で、まだ痛みはありません。

    対処法

    毎日のセルフケアと歯科医院にて健診及び、プラーク(歯垢)を取り除き、ブラッシング指導を受けもらいます。

  • Step2

    軽度歯周炎

    症状

    歯ぐきの腫れがひどくなり、歯槽骨が溶けはじめます。歯ブラシなどで触れると歯ぐきがと歯の隙間(歯周ポケット)が深くなっていることに気づきます。まだそれほど痛みはありません。

    対処法

    この段階になると、プラークが石灰化した歯石が形成されています。歯科医院にて、プラークや歯石を取り除きます。

  • Step3

    中等度歯周炎

    説明

    歯を磨いたときの隙間や出血が増えたり、口臭がきつくなったりします。歯を支える骨が溶かされているので歯がグラつき、硬いものが噛むときに痛みを感じるようになります。

    対処法

    歯科医院でプラークや歯石を取り除きます。歯ぐきに隠れて見えない歯根の表面から歯石を取りのぞくため、歯ぐきを切開する外科処置(フラップ手術)を行うこともあります。

  • Step4

    重度歯周炎

    症状

    歯の痛みがひどくなっていきます。歯のぐらつきが余計にひどくなったと感じたり、口臭がきつくなったと感じるようになります。

    対処法

    歯ぐきを切開する外科処置や、溶かされてしまった歯を支える骨をつくるための再生療法が必要です。

歯周病治療のカギは「プラークコントロール」

治療や予防処置では、細菌が大量にひそむプラークを取りのぞく行為「プラークコントロール」が何より大切。しかしブラッシングだけでは、すべてのプラークを取り除くことはできません。
歯周病を防ぐためには毎日ご自宅でケアするだけでなく、蓄積した汚れを定期的にプロケア(歯科医院でのクリーニング)で取り除く処置も必要です。私たちプロと力を合わせ、歯周病と闘いましょう。
また、喫煙も大敵です。喫煙されている方は、歯の健康、全身の健康のためにも禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ戻る