oral-surgery

親知らずとお口まわりをサポート

虫歯や歯周病以外にもお口のトラブルは色々あります。口内炎や親知らず、顎の関節に関するトラブルなど患者様に合った治療法を提案し、改善に導けるよう努力いたします。お近くの歯科医院からの紹介も受け付けております。

親知らずの抜歯

親知らずとは

20代前後に生えてくる最も後ろの奥歯のことで、永久歯のなかで一番最後に生えてきます。正式名称は第三大臼歯といいます。
永久歯は通常15歳前後で生え終わるのですが、親知らずは20代前後のため、親に知られず生えてくる事が名前の由来と言われています。
通常は上顎の左右に2本、下顎の左右に2本の合計4本ありますが、もともと親知らずがない人、4本未満の人など個人差があります。
抜歯が難しい親知らずの場合は、大学病院に紹介するケースもありますが、当院では、口腔外科の担当医が治療にあたるため、難症例にも対応しております。

親知らずは抜く?抜かない?

親知らずは、歯の一番奥に位置し、生えてくる時期や生えてくる方向など個人差があります。
きちんと真っすぐに生えてくることができれば、ケアも簡単なので抜歯の必要はありません。しかし、生えてくる方向が悪いと、健康な歯や骨格に悪影響を与えたり、清掃性の悪化による虫歯や歯周病のリスクが高まったりします。

抜いたほうがいい親知らずのケース

前の歯を押し出す親知らず

隣の歯を前方向に押し出している状態。歯並びや噛み合わせ、顎の関節に悪影響を及ぼし、肩こりや頭痛の原因になることもある。

歯と歯の間にある隙間が大きい

斜めに生えてきて、親知らずと隣の歯の間が大きく空いている状態。食べかすが詰まりやすい上に、磨きづらいため虫歯になりやすい。

親知らずに歯茎がかぶっている状態

親知らずが全体的にきちんと生えておらず、歯ぐきの一部がかぶってしまっている状態。かぶっている歯ぐきと親知らずの間に隙間ができ、そこから炎症を起こしやすい。

顎関節症について

顎関節症とは

思ったように口が開かなくなり、驚いたことはありませんか?
また、口を大きく開けようとすると耳の前や横あたりからカクカクと音がしたり、痛みや違和感を覚えたりしたことはありませんか?
このような症状がある場合、「顎関節症」の疑いがあります。顎関節症はそれほど珍しい疾患ではなく、虫歯や歯周病と並ぶ「第三の歯科疾患」と言われています。 治療するためには、現在の顎の様子を把握し、原因を知ることが大切です。

顎関節症の症状


  • 口を開けたり閉じたりする時に顎の関節(耳の前あたり)で「カックンコックン」というような音がする
  • 口を開けたり閉じたりする時に下あごが横にずれる
  • 口が左右にうまく動かず、顎が外れる感覚がある
  • 朝、起きた時や食事中にあごがだるく感じる
  • 口が開けづらい、または開こうとすると痛い
  • 食べ物を咀嚼する時に痛みや違和感を覚える
  • 頭痛、肩こり、めまいがある

顎関節症の原因と思われるもの


  • 寝ている時などに歯ぎしりをする
  • スポーツの時などに、熱中したり緊張したりして長時間歯を食いしばる
  • 吹奏楽器の演奏や頬杖、うつぶせ寝など、あごに負担をかける行動をよくする
  • 噛み合わせが悪い、または歯並びが悪い
  • 左右どちらか一方の歯でばかり噛む癖がある。または、片方の歯に問題があり、その反対の歯でしか食べ物を噛むことができない
  • 事故などで顔面打撲や外傷を負った
  • 精神的なストレスを抱えている

口腔粘膜疾患について

口内炎などでお困りの際も歯科医院へご相談ください

口腔粘膜疾患とは、舌や歯ぐき、頬の内側の粘膜に発症する病気です。症状の軽いものから、がんなどの重いものまで様々な種類があります。
ここでは、口腔外科でよく見られる主な症状について解説していきます。

口内炎


口内炎は、口腔粘膜疾患の中では最も発症しやすいため、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。この口内炎の正体は、生体への有害な刺激に対する防御反応です。治療をおこなわなくても自然治癒するケースが多いのですが、あまりに長引いたり、繰り返してできてしまうものなどは、歯科医院に来院し治療したほうが早く治るでしょう。

白板症


白色の斑が舌や歯ぐき、頬の内側の粘膜などに発生する病変です。がん化する可能性がありますが、視診や触診だけでは診断が難しいのが特徴です。患部を一部採取して病理組織検査をおこなう必要がありますが、患部が大きいケースは手術をおこなうために入院が必要となる場合があります。

扁平苔癬


扁平苔癬は、口の中の粘膜に赤い発疹が現れ、次第にその範囲を広げざらざらした鱗屑を伴う斑となります。痒みを伴うこともありますが、擦ると出血する場合があります。40代以降の女性に多い症例ですが、原因や治療法は確立されていません。

悪性腫瘍


舌や歯ぐき、口の中の粘膜などにできる、擦ってもとれない腫瘍です。放置してしまうと、口腔がんの原因になる可能性があります。がん化すると、白斑の中に赤い潰瘍やただれができます。こういった症状がある場合は、患部を一部切除して病理組織検査をおこない、診断します。

ページトップへ戻る