esthetic

審美治療の重要性

審美治療は、虫歯や歯周病など、痛みや違和感のある箇所を治療することとは目的が異なります。審美治療とは、見た目の美しさを追求した治療です。
歯並びや歯の色などが気になって、口を開けて笑うことをためらってしまうという方も多いかと思います。審美治療を受けることによって、笑顔に自信を持つことができ、毎日をはつらつと明るく過ごすことができるでしょう。また、歯並びなどが良くなることによって、ブラッシングがしやすくなり、結果的に虫歯や歯周病の予防にもつながります。

審美治療によるおもなメリット

見た目が良くなる

審美治療の主な目的は歯の色味を健康的な白さに変えたり、お口まわりを整えたりすることです。治療後は見た目を気にされる方も、歯や口を大きく開けて、笑うことに自信が持てます。

長持ちする

歯を美しく見せるだけでなく、適度な強度のあるセラミック補綴物など取り入れることは、他の歯に負担をかけにくくなり、お口の機能が長持ちするといってもよいでしょう。

虫歯や歯周病になりにくい

自費診療の補綴物で使われる、セラミックの特性として、虫歯や歯周病の原因となる汚れ(プラーク)が付きにくいというメリットがあるため、お口の中を清潔に保ちやすくします。

詰め物・被せ物は保険だけではだめ?

保険で用いられる素材には、銀歯のほかにレジン(歯科用プラスチック)がありますが、レジン製の差し歯には装着するフレームの部分に金属も使用します。歯周病などによって歯ぐきが後退すると金属の色が見えてくることがあり、金属から溶け出たイオンによって歯ぐきに色素沈着を引き起こすケースもあります。

見た目だけの問題ではなく、銀歯から出た金属イオンが金属アレルギーを引き起こす可能性もあることをご存知でしょうか。
原因不明のかゆみやめまい、倦怠感などがあるという方は、装着している銀歯を疑ってみるとよいかもしれません。当院では、セラミックを用いて一切金属を使用しない「メタルフリー治療」のご提案が可能です。健康のためにも、気になる方は一度ご相談ください。

お悩み別の審美治療

銀歯が気になる…

歯を白くしたい

セラミック治療

セラミック治療とは

以前は、虫歯などの治療の際に、被せ物として銀歯を使用することが多くありました。
しかし、最近では天然歯に色合いや質感が近いセラミックを選ぶ方が増えてきています。セラミック治療は、虫歯だけでなく歯並び改善や変色した歯の改善などにも使われます。銀歯のように「治療したあとの歯」とすぐには分からないので、虫歯で失った歯も美しく修復することができます。

短時間で修復物を製作するセレック

セレックとは、口腔内を3D光学カメラでスキャンして、セラミック補綴物を設計・製作するシステムです。
3D光学カメラで取得したデータをもとに製作するので、歯型を取る必要がありません。規格生産された高品質のセラミックブロックを使用することにより、耐久性の向上と製作時間の短縮が可能となっています。歯科技工所に製作を依頼するよりも工程数を短縮し、安価に作ることができるのも大きな特徴です。また精密に作られた補綴物は持続性にも優れているので、セラミック治療を希望する方にとって、画期的なシステムだと言えるでしょう。

セレックはこのような方におすすめ


  • 型取りが苦手
  • 短期間で治療を終わらせたい
  • 銀歯から白い詰め物・被せ物にしたい
  • 通常のセラミックより安く治療したい
  • 虫歯になりにくい詰め物・被せ物にしたい

セレックを使用したセラミック治療の流れ

  • Step01

    治療

    セレックで作製した補綴物を使用するにあたって入れる箇所などに虫歯の取り残しや歯周病があればまず、菌を残して封鎖しないよう先に治療します。

  • Step02

    3D光学カメラで撮影

    3D光学カメラを使用して患部を撮影するだけで、歯並びや歯の状態が立体的に再現されます。従来の型取りは必要ないので、不快感もなく、所要時間もわずか数秒です。

  • Step03

    設計

    撮影で得た情報をもとに、あらゆる角度から噛み合わせや全体像をチェックし、調整をおこないます。歯の色味も患者さんに合わせて選ぶことができます。

  • Step04

    ミリングマシンでの加工

    ミリングマシンと呼ばれる高性能な切削機器によって、セラミックブロックから歯を削りだしていきます。Step3で設計したデータをもとにしているので、スピーディーかつ高精度の修復物を製作することが可能です。

  • Step05

    完成・セット

    製作したセラミック歯を微調整してから口腔内にセットします。まるで本物の歯のような、自然で美しい歯が完成です。これでセラミック治療が完了となります。

提供している詰め物・被せ物

セレックで製作する修復物

CAD/CAM

3D光学カメラで撮影した立体的な情報をもとに、セレックと呼ばれる機械で歯の補綴物を加工、作製していきます。

メリット


  • 作製完了までの時間が大幅な時間短縮が期待できます
  • 精密なセラミック修復物を作ることが可能です

デメリット


  • 細かな微調整として、歯科技工士の手を加える時間が必要な場合があります

セラミック(臼歯)

奥歯の臼歯をセラミックで作製した修復物です。変色に強いため、経年劣化してしまった古い銀歯から変えられる際にもおすすめしています。

メリット


  • セラミック特有の透明度が高く、天然歯に近い白さを再現できます
  • 適度な強度と汚れの付きにくい素材です
  • 院内で製作するため、その日のうちにセットすることが可能です

デメリット


  • 自費治療になるため、費用が高く感じる場合があります
  • 強い力で傷ついてしまう可能性があります

技工所で制作する修復物

セラミック(前歯)

表面及び裏側もすべてセラミックを使用した前歯の修復物です。審美性の高さから人前に立つ方へおすすめしています。専門の技工士さん立ち合いのもと作製するため、より自然に近い歯がご用意できます。

メリット


  • セラミック特有の透明度が高く、天然歯に近い白さを再現できます
  • 適度な強度があり汚れの付きにくい素材です

デメリット


  • 技工所を挟んでの依頼のため、完成まで少しお時間いただきます
  • 強い衝撃を与えると割れてしまうことがあります

メタルボンド

表面をセラミック、内側の部分を金属で補強した修復物です。内冠が丈夫なため、前歯・臼歯、どちらでも使用できます。

メリット


  • セラミック特有の透明度の高さ、天然歯に近い白さを再現できます。
  • オールセラミックの修復物よりも強度があります

デメリット


  • 若干金属が見えてしまう場合があり、審美的にはオールセラミックより劣る場合があります

ジルコニア

ジルコニアは、別名人工ダイヤモンドとも呼ばれる強度の高い素材です。強い力にも耐性があり、歯ぎしりや食いしばりの強い方の奥歯の際におすすめする場合があります。

メリット


  • セラミックの高い審美性とジルコニアの強い耐久性を合わせた修復物です
  • 白く透明感があり長期的な使用でも変色しにくいです

デメリット


  • 2重構造で厚みが出るため、若干歯を削る量が多くなる場合があります
  • 完成までの調整が難しい場合があります

ホワイトニング

白い歯で笑いたい

ホワイトニングとは薬剤を使い、歯を削ったり溶かしたりせず、歯を白くしていく方法です。
歯科医院のホワイトニング剤に含まれる過酸化水素が歯の内部に浸透すると、色素と反応し、分解します。これにより、歯の黄ばみが漂白され、白くなります。
歯を人工歯に差し替えるよりもより気軽に白くしてみたいという方にはホワイトニングがおすすめです。

ホームホワイトニング

患者様ご自身でやっていただくホワイトニングです。
歯型に合わせた専用のトレーを作製し、ホワイトニングの薬剤を注入し、毎日一定の時間で装着します。オフィスホワイトニングに比べて色戻りしにくいのですが、薬剤の有効成分がゆっくり浸透して着色成分する分、ホワイトニング効果を得るまでは時間がかかります。

メリット


  • ご自宅でできるのでライフスタイルに合わせやすい
  • ホワイトニングの効果が持続しやすい

デメリット


  • 安全のため、薬剤の濃度を抑えているため、一回の使用時間が長く効果が見られるまで時間がかかる
  • ホワイトニング期間中、歯に色移りしやすい飲食物に気を付けないといけない

治療費用について

※税込み表記になります

CAD/CAM冠 保険適用
セラミック(臼歯) ¥80,300~85,000
セラミック(前歯) ¥96,800
メタルボンド(前歯) ¥96,800
ジルコニア ¥110,000~13,2000
ホームホワイトニング(上下マウスピース+薬剤 約1ヶ月分) ¥45,540
薬剤追加(約1週間分)(2本セット) ¥1,430
お口のメインテナンス(バリオス使用) ¥5,500/30分・ご自宅用POIC 250mlも含む
PMTC(スタンダード) ¥8,800/45分
PMTC(ミニ) ¥5,500/30分
着色除去(エアフロー使用) ¥6,600/30分
スペシャル着色除去(エアフロー使用) ¥9,900/45分

ページトップへ戻る