お口の健康を保ちたい・歯並びを治したい

健やかな口腔内環境を保つために

健やかな口腔内環境を保つために

健康的な毎日を過ごすためには、口腔内環境を健やかに保つことがとても大切です。虫歯や歯周病は、治療後も歯や顎の骨にダメージを残してしまう可能性が高い病気。横須賀市岩戸の歯医者「岩戸歯科クリニック」では、これらのお口のトラブルを治療するだけでなく、予防するための処置にも力を入れています。

生涯にわたって自分の歯で食べたり話せたりする「幸せ」は、実は当たり前に実現できることではありません。虫歯や歯周病などによって、40歳、50歳、60歳という若さで歯を失ってしまう方も多くいらっしゃるのです。自分の歯を失ってから後悔することがないように、日ごろからのケアでトラブルを未然に防ぎましょう。こちらのページでは、お口の中を健やかな状態に保つための予防歯科についてご紹介します。

全身の健康を保ち、大切な歯をいつまでも使うために

再発リスクが高い虫歯や歯周病は、予防が非常に大切な病気です。お口の健康は、全身の健康状態にも大きな影響をもたらします。

虫歯や歯周病が招くトラブル

歯周病菌が血液中に入り込むと、心筋梗塞や脳梗塞、肺炎(誤嚥性肺炎)、糖尿病、早産などの発症率が高くなってしまいます。また、虫歯や歯周病によって歯を失ったり咬み合わせが乱れたりすると、全身のバランスが崩れて肩こりや頭痛、めまいなどが発生しやすくなる、内臓に負担がかかる、正しい発音がしにくくなる、見た目が悪くなるなどのリスクがあります。

予防で負担軽減を実現

虫歯を治療する際、通常は歯を削らなくてはいけません。歯周病は、進行すると歯を支える顎の骨が溶かされてしまう病気です。虫歯治療で削った歯や歯周病で溶けた骨は、治療してももと通りにはなりません。治療の痛みや時間的・経済的な負担を減らすためには、早めの受診が大切です。お口の中を清潔で健康的な状態に保ち、患者様にかかるさまざまな負担を軽減するために、予防歯科を活用しましょう。

予防歯科の効果

予防歯科の効果

歯科医院の予防処置を定期的に受ける習慣がある人は、そうでない人に比べて年齢を重ねたときに残っている歯の本数が明らかに多いという調査結果があることをご存知でしょうか?

歯科医院を定期受診していてもいなくても若いときの残存歯数にはほとんど差がありませんが、60代、70代、80代と年齢が進むにつれて、その両者の残存歯数は大きく違ってきます。51歳から65歳の人を対象とした調査では、予防歯科を受けていない人の中で28本すべての歯が残っている人はわずか10%程度でした。それに対し、30年間にわたって定期的に予防処置を続けてきた人は、約40%がすべての歯をキープしています。

年齢を重ねてからも生き生きとした毎日を過ごすには、より多くの歯を残し、自分の歯で食事をしたり会話をしたりすることが大切です。できるだけ早く歯科医院で定期受診する習慣を付けましょう。

予防処置メニュー

お口の健康を守る予防処置のメニューには、次のようなものがあります。

POIC(ポイック)ウォーター

POIC(ポイック)ウォーター

当院では、治療前に全ての患者様にPOICウォーター(タンパク分解型除菌水)による洗口で口腔内殺菌を行っていただき、衛生的に除菌された口腔環境に整えてから治療を始めさせていただいています。

また、清潔な口腔内を更に連続殺菌消毒しながら全ての治療を行いますので、腫れることや痛みが残ることが少ないだけではなく、感染などの心配もありません。当院ではPOICホームケアアドバイザーが常駐しています。

オーラループ塗布

オーラループ塗布

POICウォーターで洗口除菌した後、オーラループをハブラシで塗布します。治療前に行うことで、院内の飛沫感染を防ぎ、安全な治療を行うことができます。
来院の患者様には皆様にお願いしておりますので、ご協力をお願いいたします。
※ご来院の際は、ご自身のハブラシをお持ちください。

POIC、オーラループのケアはご自宅でも可能です。ご自宅での「歯周病・虫歯予防」にお勧めしております。

POIC・オーラループの使用方法についてはこちら

当院では「オーラループ」を採用しています。

当院では「オーラループ」を採用しています。

オーラループは飽和ポリリン酸といってこれ以上溶けることが出来ない程ポリリン酸が溶け込んでいるジェルで、リン酸カルシウムとなって歯の微細な凸凹をコーティングし、つるつるな虫歯になりにくい強い歯にしてくれたり、お口の中に適度な潤いを残し自然で爽やかな口腔環境に整えてくれます。

オーラループについて詳細はこちら

ブラッシング指導

ブラッシング指導

毎日時間をかけてみがいていても、正しいみがき方ができていないばかりに、汚れが蓄積して虫歯や歯周病になってしまう方がいます。丁寧に指導いたしますので、ご自分のお口の状態に合ったみがき方を身に付け、効果的にお口のトラブルを防ぎましょう。

PMTC

PMTC

PMTCとは、歯科衛生士などのプロが専用の機械を用いて行う、歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで取りきれずに蓄積したプラーク(歯垢)やそれが石灰化した歯石を取りのぞくことで、虫歯や歯周病を予防します。お口の中がさっぱりとし、口臭の改善も期待できます。

EPIOS(エピオス)エコシステム

EPIOS(エピオス)エコシステム

当院では院内に流れる水にEPIOS(エピオス)エコシステムを導入しています。
このEPIOSエコシステムで生成されたエピオスウォーターは細菌数0の治療水となり、この治療水を用いた治療を行うことで、連続殺菌消毒による飛沫感染リスクを激減させることが可能になります。

EPIOSエコシステムについて詳細はこちら

整った歯並びで健やかな毎日を~矯正歯科~

整った歯並びで健やかな毎日を~矯正歯科~

歯並びや咬み合わせに問題がある方は、虫歯や歯周病といったトラブルを招きやすいことをご存知でしょうか? 歯が重なって生えていたりすき間があったりするため、ブラッシングがいきとどきにくく、口腔内環境が悪化しやすいためです。さらに、発音や咀嚼(そしゃく)がしにくくなったり、咬み合わせが乱れて全身にさまざまなトラブルが起こってしまったりするケースもあります。

横須賀市の歯医者「岩戸歯科クリニック」の矯正歯科では、矯正治療によって気になる歯並びや咬み合わせの改善をはかります。整った歯並びを手に入れ、健やかな毎日を過ごしましょう。

こんな歯並びではありませんか?

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

俗に言う出っ歯を指し、上の前歯が前方に飛び出している状態です。逆のパターンが「受け口」です。

反対咬合

反対咬合

「受け口」とも言い、出っ歯の逆の状態です。下の歯が上の歯より前に出ている症状を指します。 うまく噛めないのはもちろん、発音にも影響が出てきてしまいます。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

乱ぐい歯・八重歯のことで、歯が凸凹にずれたりしている状態です。顎が小さかったり、 顎に対して歯の幅が大きかったりする場合に起こります。上下の歯が上手く噛み合っていません。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

前歯が下の歯にくっ付かなく、お口を閉じても前歯が開いてしまう状態です。 上下の歯が上手く噛み合っていません。前歯で食べ物が噛み切れない場合が多いです。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

すきっ歯のことで、歯と歯の間が極端に空いている状態です。歯に対して、顎が大きいことなどが原因です。

当院では専門の歯科医師が診療を行います。

そのため難症例の治療にも対応ができ、より専門的な治療も可能になります。
幅広い器具・症例に対応ができますので、歯並びや咬み合わせのお悩みは何でもお気軽にご相談ください。

矯正器具のご紹介

成人矯正

マウスピース矯正装置(インビザラインなど)

マウスピース矯正装置(インビザラインなど)

取り外しのできる目立たない透明なマウスピース形状の矯正装置です。

【メリット】
取り外しができる、目立たない
希望があれば、ホワイトニングを一緒に行うことが可能(別途費用が生じます)
【デメリット】
費用が他の装置よりも高額

ラビアルブラケット

ラビアルブラケット

【メリット】
微調整がしやすい、かみ合わせの調整に長けている
【デメリット】
審美性にやや欠ける

リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の裏側(舌側)に矯正装置を装着し、ワイヤーを通して歯を理想の位置に動かす矯正装置です。

【メリット】
矯正治療をしていることに気づかれにくい
【デメリット】
費用が多少高額、慣れるまで発音がしにくいことがある

部分矯正

部分矯正

歯列全体ではなく、問題のある数本の歯だけを動かす矯正方法です。

【メリット】
動かす歯の本数が少ないため通常の矯正よりも治療期間が短め
【デメリット】
歯並びの状態によっては、部分矯正はできないこともある(要ご相談)

補綴前矯正

当院では、補綴治療を行う前の歯並びを整える矯正も行っています。

小児矯正

<小児矯正 [第Ⅰ期治療] >(費用:10~30万+調整料)
<成人治療 [第Ⅱ期治療] >(費用:60~100万+調整料)
※[第Ⅰ期治療]より移行した際は、[第Ⅰ期治療]基本料金からの差額での費用となります。

床矯正

床矯正

取り外し可能な矯正装置で、顎の骨を拡げて歯並びを整える矯正方法です。

【メリット】
顎の成長を利用して矯正治療ができる、食事の際には取り外せる
【デメリット】
お子様が矯正時間中に取り外してしまうことがある

小児用マウスピース矯正装置(プレオルソ・マルチファミリー)

小児用マウスピース矯正装置(プレオルソ・マルチファミリー)

骨が柔らかい小児の時期に装着することにより効果を発揮しやすい矯正方法です。

【メリット】
装着時の痛みがほとんどなく、取り外しも容易
【デメリット】
お子様でも容易に取り外しができてしまう

小児矯正と成人矯正の違い

小児矯正 成人矯正
乳歯だけのときから、乳歯と永久歯が混在する時期に行う矯正治療です。顎の成長を利用して、上下の顎の健やかな成長を促しバランスを整えて、さらに必要に応じて顎を拡げて将来的に歯がきれいに並ぶスペースを確保します。 永久歯が生えそろってから歯列を整える矯正治療です。顎の骨の成長は止まっているため、歯列を整えることに集中できるので治療計画が立てやすいというメリットがあります。

矯正治療の流れ

1.初診相談 (無料)

1.初診相談 (無料)

問診・診察を経て、現在の歯並びやお悩み、料金についてなど、様々な疑問に合わせてご相談させていただきます。
少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

こんな方が相談にいらっしゃいます

  • 学校の検診で歯並びを指摘された 
  • 歯並びが悪い
  • 見た目の面で気になる
  • 歯医者さんの定期検診をうけたついでに相談してみたい

中には、相談をしたけれど、「今すぐに治療は始める必要はないので、
歯並びの経過を見ながら治療が必要なときに始めましょう」という結果となった患者様も…

2.精密検査 (3万円+税)

歯や顔の写真、レントゲン写真、歯型や噛み合わせなど、診断に必要な検査をします。

3.診断・治療説明

精密検査の結果をもとに、診断、治療計画、治療方法、治療期間、費用についてなどご説明致します。

4.治療開始

成人矯正

小児矯正

  • 小児矯正 [第Ⅰ期治療] (費用:10~30万+調整料)

    乳歯列、混合歯列の矯正治療となります。
    通院期間は個人差はありますが、約2年前後。1~2ヶ月に1回の通院となります。

    ※歯並びやかみ合わせが悪いまま放っておくと、成長段階で顎の発達や噛み合わせに良くない影響が出ることがあります。 成長に合わせ、必要に応じた治療を早く始めることで、今後の本人の負担も減り、また、治療費を抑えられる場合もあるので、早めの治療の検討をおすすめしております。

  • arrow
  • 保定または、経過観察

    第Ⅰ期治療の目的を達成した後、永久歯が生え揃うまで、検診などを通じて経過観察をしていきます。
    この時期は3ヶ月に1度の検診と一緒に、歯並びのチェックも行なっていきます。

  • arrow
  • 相談・検査

    永久歯が生え揃ったタイミングで、その後の[第Ⅱ期治療]が必要かどうか、続けて治療するかを、必要に応じて検査も行い、検討・相談をします。

  • arrow
  • [第Ⅱ期治療]へ

    今後の治療方針に、ご本人、親御様が必要と納得して頂きました際には、[第Ⅱ期治療]へと移行いたします。
    [第Ⅰ期治療]から[第Ⅱ期治療]へ以降する際の費用は、その時の歯並びによってご提案させていただきます。

  • arrow
  • 成人治療 [第Ⅱ期治療] (費用:60~100万+調整料)

    永久歯列の矯正治療。
    装置を使用し、歯並びやかみ合わせを整えます。
    通院期間は個人差はありますが、全体矯正の場合で1~3年となり、1~2ヶ月に1回の通院となります。

    ※[第Ⅰ期治療]より移行した際は、[第Ⅰ期治療]基本料金からの差額での費用となります。

  • arrow
  • 保定

    整った歯並びやかみ合わせを安定させる治療期間です。
    2~3ヶ月ごとの通院となります。

  • arrow
  • 治療完了

    矯正の治療は終了となります。
    その後は、きれいに並んだ歯を健康に保つため、定期健診をおすすめしております。

成人矯正

小児矯正

歯並びの矯正相談無料

しっかりとしたご説明と、痛みの少ない治療を
岩戸歯科クリニックの医院コンセプトはこちら

ページの先頭へ戻る