歯がグラグラする・歯ぐきから血が出る~歯周病~

歯を失わないために知っておきたいこと~歯周病~

歯を失わないために知っておきたいこと~歯周病~

日本人が歯を失う原因としてもっとも多いのは、実は虫歯ではなく歯周病です。日本人の成人のうち約8割は、歯周病患者かその予備軍と言われています。症状が進行すると歯を支える顎の骨(歯槽骨)が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。

初期段階では痛みなどの自覚症状がほとんどないのがこの病気の特徴です。進行して骨にダメージを受ける前に、定期検診で早期発見・早期治療につとめましょう。こちらでは、横須賀市の歯医者「岩戸歯科クリニック」が歯周病についてご説明します。

歯周病の進行・症状・治療法

進行段階 症状 治療法
初期 歯肉炎
初期 歯肉炎
歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシングすると歯ブラシに血が付くことがあります。 歯科医院にてプラーク(歯垢)を取り除きます。
中期 軽度歯周炎
中期 軽度歯周炎
歯ぐきの腫れがひどくなり、歯槽骨が溶けはじめます。歯ぐきが腫れることと、歯ぐきと歯が剥離することによって歯周ポケットができ、深さは3mm程度になります。 この段階になると、プラークが石灰化した歯石が形成されています。歯科医院にて、プラークや歯石を取り除きます。
後期 中等度歯周炎
後期 中等度歯周炎
腫れと剥離が進み、歯周ポケットが4~6mm程度まで深くなります。骨が溶かされているので歯がグラつき、硬いものが咬みにくくなることもあります。 歯科医院でプラークや歯石を取り除きます。歯ぐきに隠れて見えない歯根の表面から歯石を取りのぞくため、歯ぐきを切開する外科処置(フラップ手術)を行うこともあります。
末期 重度歯周炎
末期 重度歯周炎
歯周ポケットが7mm以上まで深くなります。歯槽骨が大量に溶かされているため歯が抜け落ちることもあり、抜歯が必要なケースも出てきます。 歯ぐきを切開する外科処置や、溶かされてしまった顎の骨をつくるための再生療法が必要です。

歯周病と全身疾患の“危うい”関係

歯周病と全身疾患の“危うい”関係

歯周病菌には血管内で血栓をつくりやすい性質があり、歯周病にかかることで心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などを引き起こすリスクを高めてしまいます。また、糖尿病との関連性も深く、相互に症状を悪化させることがわかっています。歯周病菌が食べものなどと一緒に肺に入り込むことで引き起こされる肺炎(誤嚥性肺炎)は、90歳以上の方の死亡原因「第2位」に挙げられるほど深刻な病気です。

歯周病との関連性が指摘される主な全身疾患
心筋梗塞 脳梗塞 狭心症 糖尿病
肺炎(誤嚥性肺炎) 早産 低体重児出産 骨粗しょう症

このように、歯周病はさまざまな全身疾患・全身トラブルに関係していることがわかっています。「私は大丈夫……」「今は歯周病にかかってないから……」と考えるのではなく、自分にも起こり得る身近な病気としてとらえ、しっかり予防や早期改善につとめましょう。

歯周病治療のカギは「プラークコントロール」

歯周病治療のカギは「プラークコントロール」

歯周病は、歯周病菌と呼ばれる細菌が出す毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、歯ぐきや骨が溶かされる病気です。治療や予防処置では、細菌が大量にひそむプラークを取りのぞく行為「プラークコントロール」が何より大切。しかしブラッシングだけでは、すべてのプラークを取り除くことはできません。

歯周病を防ぐためには毎日ご自宅でケアするだけでなく、蓄積した汚れを定期的にプロケア(歯科医院でのクリーニング)で取り除く処置も必要です。私たちプロと力を合わせ、歯周病と闘いましょう。

また、喫煙も大敵です。喫煙されている方は、歯の健康、全身の健康のためにも禁煙を考えて見てはいかがでしょうか。

お口の健康を保つための取り組み
岩戸歯科クリニックの予防歯科はこちら

ページの先頭へ戻る