抜けた歯を補いたい
~義歯・インプラント~

失ってしまった歯をおぎなうための方法~補綴治療~

失ってしまった歯をおぎなうための方法~補綴治療~

失った歯の機能をおぎなう補綴(ほてつ)治療の選択肢は、大きくわけて「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯(義歯)」の3種類です。その中で、横須賀市岩戸の歯医者「岩戸歯科クリニック」では患者様にとってさまざまなメリットがあるインプラント治療に力を入れています。

インプラント・ブリッジ・入れ歯(義歯)という3種類の治療には、それぞれ異なるメリットとデメリットがあります。補綴治療をお考えの方はこれらのメリット・デメリットを正しく理解し、納得の治療を実現しましょう。不安の少ない治療が、最善の結果へとつながります。

インプラント治療とは?

各補綴治療のメリットとデメリット

補綴治療の種類 メリット デメリット
インプラント
インプラント
  • 天然歯のような自然な見た目で、咬み心地もよい。
  • 固定式なので、ずれない。
  • 周囲の健康な歯に負担がかからない。
  • メインテナンス次第で、長期的に安心して使用できる。
  • 外科的手術が必要。
  • 自費診療なので、治療費が高額になる。
  • 治療終了までの期間が長い。
  • 糖尿病などの全身疾患がある場合、治療が受けられないことがある。
ブリッジ
ブリッジ
  • 保険診療の入れ歯よりも自然な見た目を実現しやすい。
  • 固定式なので、ずれない。
  • 治療期間が短期間で済む。
  • 保険が適用されるケースもある。
  • 失った歯の周囲の、健康な歯を削って支えにするため、負担がかかる。
  • 食べものがはさまりやすいことがある。
  • 咬む力が伝わらないため、顎の骨(歯槽骨)が衰退しやすい。
  • 適用できないケースもある。
入れ歯
入れ歯
  • 健康保険が適用されるタイプは治療費が安く、経済的負担が少ない。
  • 周囲の健康な歯を削らなくてよい。
  • 治療期間が短期間で済む。
  • 自費の入れ歯なら咬み心地や見た目にこだわることもできる。
  • 保険の入れ歯は見た目が不自然になりやすく、違和感を覚えやすい。
  • 発音しにくくなることがある。
  • 硬いものが食べにくくなる。
  • 着脱式なのでずれやすく、食べものが詰まると痛みを感じる。
  • 咬む力が伝わらないため、顎の骨が痩せやすい。

「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の違い

健康保険が適用される入れ歯には、素材や構造などさまざまな面で制約があります。自費の入れ歯であれば制約がないので、快適で自然な見た目の入れ歯が実現できます。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
使用する素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ レジン(歯科用プラスチック)のみ 制限なし 制限なし
構造 制限あり 制限なし
治療費 保険が適用されるため、安価 保険が適用されないため、高額
製作期間 短期間 長期間
見た目 不自然になるケースがある 天然歯に近い見た目が得られるものもつくれる
咬み心地 硬いものが咬みにくい 硬いものでも咬みやすい

自分の歯のような咬み心地を~インプラント~

自分の歯のような咬み心地を~インプラント~

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨(歯槽骨)に外科手術でインプラント体(人工歯根)を埋め込み、それを支えにしてセラミック製の人工歯を被せる治療法です。インプラントが骨としっかり結合することで、天然歯とほぼかわりない、自然な見た目や咬み心地が手に入ります。

適切なメインテナンスを続ければ、長年にわたってインプラントを維持することも可能です。しっかりと咬める幸せを、インプラントで取り戻しましょう。

インプラント治療で活躍するCGF

インプラント治療で活躍するCGF

「CGF」はConcentrated Growth Factors(集中成長因子)の略で、インプラント治療では治療でできた傷の修復を促すために使用します。

傷が付くと血管が破れて出血しますが、血液の成分には凝固因子が含まれており、それが刺激を受けることでできる「フィブリン」という物質が破れた箇所を修復します。CGFは患者様自身の微量な血液(10cc)を材料に、そのフィブリンを人工的に生成したゲル状の物質です。

手術後の痛みを軽減しながら傷の治癒を早め、骨の少ない部分に使えば骨の再生を促す効果も期待することが可能。治療期間の短縮にもつながります。血液を遠心分離機にかけることで生成できるので、添加物などは一切入っておらず、人体にも安心です。

ページの先頭へ戻る