歯が痛い・子どもの歯が気になる~虫歯・小児歯科~

早めの治療で痛みなどの負担をできるだけ少なく

虫歯になったら早めの治療を

「冷たいものを食べると歯がしみる」「食事中に歯が痛むことがある」といった症状がある方は、虫歯にかかっているかもしれません。虫歯は細菌による感染症ですが、風邪のように自然に治ることのない病気です。放っておくと症状は進む一方で、最終的には抜歯が必要になるケースもあります。

進行すればするほど治療が難しくなり、治療時の痛みが増し、治療の回数も増えてお金もかかってしまいます。こうした負担を抑えるためには、できるだけ早めに診察や治療を受けることが重要です。虫歯はなかなか気付きにくい病気でもあるので、「もしかしたら」と思ったときには横須賀市の歯医者「岩戸歯科クリニック」へお早めにご相談ください。

虫歯の症状と治療法

進行段階 状態 症状 治療法
C0
ごく初期の虫歯
C0 ごく初期の虫歯
歯の表面にある、エナメル質が溶けはじめた状態です。透明感がなくなり白く濁って見えますが、穴はあいていません。 痛みなどの自覚症状は、この段階だとほとんど出ません。 歯科医院でフッ素を塗布し、再石灰化をうながしたり、正しいブラッシングを続けたりすることで、治る可能性があります。
C1
エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯
エナメル質が溶けて、穴があいた状態です。患部が黒ずんで見えます。 痛みなどの自覚症状は、この段階でもほとんど出ませんが、冷たいものがしみることがあります。 虫歯に冒された部分を削り取ります。その穴は、レジン(歯科用プラスチック)を詰めてふさぎます。
C2
象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯
虫歯の穴がエナメル質の奥にある、象牙質にまで達した状態です。 冷たいものだけでなく甘いものもしみるようになります。何もしていないときに痛みを感じることも。 虫歯に冒された部分を削り取ります。その穴にはインレー(詰めもの)を詰めます。
C3
神経に達した虫歯
C3 神経に達した虫歯
虫歯の穴が象牙質の奥にある、歯髄(歯の神経や血管)まで達した状態です。 熱いものを食べたり飲んだりしたときにも、しみるようになります。また、何もしていなくても、激しい痛みに襲われることもあります。 虫歯に冒された歯髄を抜き取り、薬剤を詰めてふさぐ「根管治療」が必要です。治療後の歯はクラウン(被せもの)でおおいます。
C4
歯根に達した虫歯
C4 歯根に達した虫歯
歯冠部分がほとんど虫歯に溶かされてしまい、歯の根にまで達した重度の虫歯状態です。 歯の神経が死んでいるので基本的に痛みはありませんが、放っておくと歯根の先に膿が溜まり(根尖病巣)、再び激しく痛みだします。 できるだけ歯を残すよう努力しますが、抜歯が必要になるケースも。抜歯の場合は失った歯の機能をおぎなうため、インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療を行います。

お子様に、“お口の健康”をプレゼントしましょう

お子様に、“お口の健康”をプレゼントしましょう

乳歯や生えたばかりの永久歯は、大人の歯に比べるともろくて弱い、デリケートな存在です。そのため虫歯になりやすく、一度虫歯になってしまうとすぐに進行してしまいます。

「永久歯に生えかわってから気をつければいいだろう」と、乳歯の虫歯を放置する方もいらっしゃいますが、それは間違いです。乳歯の虫歯は永久歯に感染することがあるため、乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。また、虫歯によってよく咬めなくなると、成長期に大切な栄養の吸収を妨げてしまうかもしれません。虫歯によって歯を失ってしまうと、将来咬み合わせが乱れてしまう可能性が高まります。

小さなお子様は自分でしっかりとしたお口のケアができないので、その歯を守ってあげるのは親御様の大切な役割です。お子様が健やかに成長できるよう、“お口の健康”をプレゼントしてあげましょう。

虫歯は感染する病気です

お子様の歯を守るためには、感染への気遣いも大切です

虫歯は細菌によって起こるお口の感染症です。一度虫歯菌に感染すると、その人のお口の中には基本的に一生虫歯菌がとどまります。生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、まだ虫歯菌はいませんが、親御様などの周囲の大人とのふれ合いによって赤ちゃんは虫歯菌に感染してしまいます。

大人と同じ箸を使って食事を食べさせたり、お口にキスをしたりするのは、虫歯菌がうつる原因になるので極力控えましょう。お子様の歯を守るためには、感染への気遣いも大切です。

小児予防メニュー

当院ではお子様の歯を虫歯から守るために、次のような予防メニューをご用意しています。親御さんは、お子様の歯が痛くなったら歯医者に行くのではなく、痛くならないために行く歯医者ということを覚えておいてください。

唾液検査

唾液検査で一人ひとりに合った予防プログラムを作成します

唾液を検査することで虫歯のリスクを調べることができます。患者様のお口の状態は個人差があるため、唾液検査をすることで、一人ひとりに合った予防プログラムを作成することができます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様の年齢や発達の段階、歯並びなど、さまざまな条件によって正しいみがき方は違ってきます。当院では一人ひとりのお子様に合わせ、効果的なみがき方を丁寧に指導します。上手な仕上げみがきのコツもアドバイスしますので、お子様の歯に関する疑問はお気軽にご相談ください。

フッ素塗布(来院時)

フッ素塗布(来院時)

フッ素には歯の再石灰化を促し、その際に歯に取り込まれることで歯を強くする働きがあります。歯科医院のフッ素は、市販のものより濃度が高いのが特徴です。定期的な塗布を続け、虫歯菌になりにくい丈夫な歯にしてあげましょう。

フッ素塗布(ご自宅で)

フッ素塗布(ご自宅で)

フッ素を使った予防はご自宅でも可能です。フッ素を含む溶液でお口の中をぶくぶくとうがいをするフッ素洗口。またはフッ素入りの歯磨き剤を塗布した歯ブラシでブラッシングすることで虫歯予防をしていきましょう。

定期検査(3ヵ月毎)

定期検査(3ヵ月毎)

歯医者は痛くなったら行くのではなく、痛くならないために行くもの。そうするためには、3ヵ月に一度の定期検診に積極的に通いましょう。定期的にメインテナンスすることで、ずっと健康な歯を維持していきましょう。

お子様を虫歯にさせないために

食事回数とpHの変化

虫歯は食べかすに含まれている糖分を栄養にして、プラークの中に繁殖した虫歯菌が強い酸を発することで歯を溶かす(脱灰)症状を言います。適切な歯ブラシやフッ素塗布で再石灰化を促すことで初期の虫歯であれば対処することができます。しかし、食べ続けたり、甘ものを一日中飲んだりしていると脱灰し続けている状態になり、再石灰化している時間が少なくなります。結果虫歯は進行してしまいます。とは言え、お子様にとって、おやつは楽しみの1つ。そこで、おやつのタイミングを意識して虫歯になりにくい食生活を送ることを心掛けてはいかがでしょうか?

患者様のニーズに合わせ、診療時間をなが~く設定
岩戸歯科クリニックの医院情報・アクセスはこちら

ページの先頭へ戻る